What's New

関係するおしらせ:

★20160511
第31回 高速度イメージングとフォトニクスに関する国際会議
November 7-10, 2016
Osaka, Japan
31st International Congress on High-Speed Imaging and Photonics(31st ICHSIP)



2016年優秀修士論文賞2編が
決定しました。 受賞されたお二人には心よりお祝いを申し上げます。

「時間反転対称性の破れの探索に向けたルビジウム磁力計の研究」
内山 愛子(東北大学)

「KOTO実験におけるビーム外縁部を覆う中性子低感度な光子検出器の開発と性能評価」
篠原 智史(京都大学)


秋の物理学会で表彰式と
招待記念講演会を開催します。

詳細はこちらから

 

これまでの情報

Topics

 

 

 

 

最新活動報告 これまでの報告  
2016年6月

 TIA 中核 5 機関がその連携基盤を強化し、新規領域の開拓や大型研究資金獲得のための戦略の 立案と体制の構築を目指した「TIA 連携プログラム探索推進事業—かけはし」として、TIA 中核機関 の連携プロジェクトについて提案が機構より公募された。
測定器開発室では、従来より筑波大・東大・産総研・物材研の TIA 中核機関とは良好な共同研究 をいくつかのテーマにおいて進めており、今回の事業をきっかっけとして、二機関同士の研究の単 なる寄せ集めでなく、Tsukuba 地区のより有機的一体的な共同研究体制を構築して、測定器開発・ 応用研究の飛躍的進展を目指すべく、関連プロジェクトから各機関に呼びかけを行い以下のような2テーマで提案を企画した。
続きはこちら


 

セミナー案内 (詳細)


これまでの講演データ

Our Projects
現在進行中のプロジェクト
MPGD | PPD | SCD(旧STJ)|
Liq.TPC ;Xe , Ar |
SOI | ASIC | FSCI |
CO2冷却システム

これまでのプロジェクト
DAQFPIX

ユーザーと分野

測定器開発室のプロジェクトに参加するユーザーは国内外でおよそ230人で、活発に研究活動を行っています。

statistics

Fig. 1 プロジェクトと共同研究者数
(2015年度)

これまでの報告書

2015年度研究成果報告
659kb pdf
2014年度研究成果報告
794kb pdf
○2013年度レビュー委員会(2013.12.10) 活動報告 7Mb pdf

Last modified: 06/22/2016
contact
logo